2011-02-05

1月のあれこれ その3:舞台と映画

2つの舞台と2本の映画を観ました。

 

続きを読む "1月のあれこれ その3:舞台と映画"

| | コメント (0)

2010-08-07

えすえふ大会

生まれて初めてSF大会に参加しました~。
SF大会は年に一度、SFファンが集うお祭りで
2日間に渡って催されます。
以前から興味はあれども参加費がお高いこともあって
遠くから見守っていたこのイベント、
今年の開催地は東京、
メインゲストの一人が萩尾望都先生ということで
意を決して参加してみました。
  

続きを読む "えすえふ大会"

| | コメント (2)

2010-06-27

ねばーらんど

昨日の土曜日は少年社中の「ネバーランド」を観劇。
素晴らしかったです。
20人以上の役者が駆け回る
エネルギーあふれるステージでした。
このタイプの芝居見るの久しぶり…。
青山円形劇場はいいな~。

笑って泣いての演劇体験に疲れて眠った土曜日の夜。
(疲れを忘れた、じゃなくて疲れちゃう自分にがっかりだ)

次回公演も観に行こうっと。

| | コメント (0)

2010-02-06

ぱるなさす博士の鏡

広告のスチールを見ただけで私好みの気配がプンプンしてたので
寒いけどがんばって観に行ってきました。
テリー・ギリアムの映画はやや当たりはずれがあるのだけど
今回は当たりでした(私にとっては)。
面白楽しかった!
ヒース・レジャーの突然の死による四人一役が評判ですが
その他のキャスティングも絶妙でした。
リリー・コールがお人形さんみたいですごく可愛かった。
(こんな顔の人形いるよなーって思いながら観てて
観終わってしばらくしてからジーンにそっくりなんだって気づいた)
あと、トム・ウェイツの悪魔最高!
博士も小人もアントンも。

| | コメント (2)

2009-08-12

劇場版ディケイド&銀幕版シンケンジャー

観てきました~。
両方ともたいへん面白かったです。
ディケイド、なるほど~、そういう話だったのか。
ライダー勢揃いで豪華絢爛です。
GACKTが気持ちよさそうに演技してました。
そして…驚いたことに士に激しく萌えました。
短い間でしたが(笑)。
シンケンジャー、いつもよりちょっと贅沢な1話ってカンジ。
折角だから3D上映の方を観てみたらすごかったけどちょっと疲れた。
シーンによってはものすごく飛び出して見えるんだけど
ロング時の人や怪物はミニチュアみたいに見えます。

ディケイド上映前・後とシンケン上映後に
士とシンケンジャーの面々が出てきて
3D眼鏡について説明する小芝居映像が面白かった。

090812_3d_megane_ks
↑3Dメガネ

| | コメント (2)

2008-10-25

超ウルトラ8兄弟

所属する某サークル(?)の課題映画なので
水曜日に池袋まで行って観てきました。

前情報ほとんど無し・全く期待しないで観たら
意外と面白かったです。
結構しっかりした構成の物語だったのも予想外(ってヒドイ)。

続きを読む "超ウルトラ8兄弟"

| | コメント (3)

2008-09-02

SATC

楽しく観ていたTVドラマ、
「SEX AND THE CITY」が
映画になって封切られたという。
「えいがのひ」なので観に行った。

大変面白かった。
具体的にはネタバレな感想しか書けないので控えますが
ひとつだけ!

サマンサのロスでの隣人
絶倫男ダンテのシャワーシーンの撮り方(?)が
まるで「セクスィー部長」だった!!!
あのシーンを思い出すと例の音楽が脳内で流れてしまうー。

セクスィー部長とは何なのか気になる人は
今すぐ画像検索。

| | コメント (4)

2008-08-20

すかいくろーらー

水曜日だし~、と自宅仕事の合間に観てきました。
冒頭の空と雲の描写が素晴らしくて
アイルランドでロケハンしたという美術も美しく
最初の数分間でかなりの満足度。

若い人のために作ったというだけに
ストーリーは特に難解なところもなく(押井作品なのに)
淡々とリリカルに語られていました。

麗しの草薙水素女史の灰色の瞳がたいへん丁寧に描かれていて
まるで硝子でできたドールアイのようにキラキラ煌めくので
そればかり見てしまう私でした。
もううっとり。

ドールアイのような瞳はわざとなのかな
歳を取らず永遠に生きるキルドレは
ある意味お人形と言えるかもしれません。

| | コメント (0)

2008-08-09

ポ~ニョ ポニョ ポニョ♪

1度聞いただけで口ずさんでしまう
魔法の主題歌を持つ映画をやっと観てきました。
(実は先週の日曜夜にトライして「売り切れです」って門前払いされた)
ハウルを観ていないので宮崎作品は久しぶり。
美しい映画でした。
いのちあふれる海、
めくるめく手描きの世界に涙目。

宗介よい子。
ポニョと妹たち可愛い。
リサ意外と無茶する母。
フジモト潔癖純情。
ポニョ母なぜか手塚治虫風味。
街の人々謎なほど明るい。

シンプルというより妙にざっくりとしたストーリーに
とまどいのような思いを抱いて帰宅。
2箇所ほどセリフが聞き取れなかったので
もう一回観たいな…。

ともあれ
海に行く前に観てよかった。
(来週海水浴に行く予定)
妹たち可愛かったな~(一番はそこかよ)。

| | コメント (2)

2007-01-28

ずっとずっと遠くの、小さなひかり

先日の木曜日に観劇して感激しました。いやホント。
劇団青い鳥Laboratory Stage「U.Z.K.夕月○ ~ゆうづき~」初日。
ずいぶん昔からほぼ欠かさず観に行っている大好きな劇団青い鳥。
でも正直に言うとここ数年の公演は私にはちょっと物足りないものだったり。
今回の公演は劇作家の北村想さんが青い鳥の若手4人のために
書き下ろしたという新作ですが、
前回の公演(北村作品でした)に今ひとつピンと来なかった私は
あまり期待せずに観に行ったのでした。
そしたら今回は!熱気にあふれた長台詞の応酬がつづく迫力もの!!!
観ていて凄く興奮を覚えました。
青い鳥の長老役者(?)3人の演じる魔女たちの会話もよかったです。
この世の絶望の果ての遠い遠い希望を見せてもらったような気がしました。
やっぱり演劇って面白い。
あ、開演前にパンフレットを買ってクジ引きしたら2等でした。
次回公演40%off券をいただきました。やったぁ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧