« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012-04-05

思い出し記事:ご報告:茶々丸死す

実は
亀の茶々丸が2月16日夜に急死しました。
気づいたら水槽の中でひっくり返ってぐったりしていて。
あわてて引き上げたらもう瀕死の状態。
声をかける以外どうすることもできずただ見送りました。
お目々ぱっちり開けたまま可愛い顔のまま こと切れてしまいました。
まるで模型か置物みたいで、カメの臨終判断難しいなと思いました。
タオルにくるんでそっとしておいたけど翌朝もそのままだったので
やっぱり亡くなったんだなーと。
可愛いお目々が悲しいのでなんとか眼を閉じさせて、さてどうしよう…。
庭があれば庭に埋めたいけど、うちは賃貸古マンション。
公園や緑地に勝手に埋めるわけにもいかないし
かといってゴミとして出すには抵抗がある。
13年も一緒に暮らしたんだもんね。
結局、週末に深大寺に行って火葬をお願いしてきました。
火葬立ち会いのない「合同葬」にしました。
茶々丸はペット葬儀としては一番小さい「極小」区分で、
合同葬の料金が9200円。それに供養品の水入れ追加で9700円でした。
茶々丸、13年前に西荻の怪しいペットショップでたしか600円ぐらい
だったんですけどね。そんでもって別のペットショップで水槽や濾過器、
ヒーター等取り揃えて約1万円ぐらいかかった記憶があります。
何が言いたいかっていうと、始めと終わりに1万円ずつか、茶々よ。って(笑)。

昨日(4/4)で四十九日でした。信心深く数えたわけではなくて深大寺から
手紙でお知らせが来てたのです。火葬をお願いしたことで「世界動物友の会」
に入会したことになったらしく。
お彼岸もあったし節目節目に供養してくれるみたい。
暖かくなってきたし、そのうち手を合わせに行ってこようと思います。

それにしても、ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)は丈夫な生き物で
冬期加温飼育なら20〜30年以上生きると聞いていたので、
茶々丸はずっと長生きするんだろうと思っていました。
不意打ちでした。
びっくりしたよ。
猫より先に死ぬなんて!


※この記事へのコメントは不要です。 読んでくださりありがとうございました。

|

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »